「突撃!」「どこへ?」「そのへんで…」

ジリ貧ワインバーオーナー「かめお」の仕事やら日常やら… ワインとお客様が命の僕らにどうか愛(合い)の手を!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真実の愛』という言葉がよく耳に障る。


触るのではない。障るのだ。

実に不快である。

映画の宣伝用キャッチや、年端も行かない若者なら兎も角、
成人を迎えて、一つの人格が半ば形成されていてもよさそうな年代の人間から…である。



まず、『』についての定義は人それぞれであろうし、増してや真実なんてものは(ここまでに述べたように)立場によって変わる。

例えば現在、地球にいる成人に共通する『真実』とは…酷く曖昧なものでしかない。


その二つの言葉を組み合わせて出来上がるものは『曖昧なものの定義出来ないもの』といっているに等しい。



自分の中で定義出来ないものを人に求めるのは卑怯だ。
しかし自分で定義が出来ない人に限って『真実の愛』を口にする。

そういった人の『真実の愛』とは、多くの場合

限定された方向への常軌を逸した献身的な行為

を指している。



しかも、自分に対してそれが行使されることを望んでいる。


理解ができない。

自分が出来ない事を他人に求めるのは理不尽だ。
まず、自分が示してからそれを口にして欲しい。

しかし実際に、映画のような行為を履行した人の口からは、その言葉は消える。

現実で行った場合のリスクを体験しているからだ。



つまり…


真実の愛』『本物の恋』を求めていると口にするという人は、
即ち自分はそれが何であるかを知らない。定義が出来ていない人間だと公表してるに等しい。

自分の世界を管理してこその『大人』であろう。

自分達の住む世界を継続させたいのなら、まず自分が大人になって欲しい。
愛の定義も出来ないのに子作りに勤しむのは自殺行為だ。

自分の愛の定義を人に頼むなら、その人に地球上での存在価値はない。
文献を紐解くにしろ、人の話を聞くにしろ、自分なりの答えを見つけるべきだと、僕は思う。

このカテゴリーの最初に挙げた酋長の言葉。
それこそが僕ら人間に与えられた最初で最後のテーマなのではないだろうか。


僕はそう思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://da2ryoku.blog64.fc2.com/tb.php/98-1e985d38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。