「突撃!」「どこへ?」「そのへんで…」

ジリ貧ワインバーオーナー「かめお」の仕事やら日常やら… ワインとお客様が命の僕らにどうか愛(合い)の手を!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイハイみなさんお元気ですかぁ!?

僕は…またもやニート…じゃないやい。
こんなんでも店を開けようと躍起になってるのでございます。

いろいろあるのよ。 これが。


まぁボヤいてても仕方ないので、今日の献立を紹介しちゃいます。



以下の写真です。
   ↓
20060830022727

毎度毎度分かり難くてスイマセン。

でも、レシピは入れちゃいます。

行くよぅ


~ 用意するもの(二人前) ~

ゴーヤ   1/2本
ナス(昨日の余り)1本
葱(これも昨日の…)1本
鮭(脂の多いもの 生)適当に
海老(冷凍でも全然OK!)8尾
豆腐    1/2丁
ニンジン  小さめ1本
クミン   少々
塩     少し
ニンニク  一欠
白胡椒   まぁまぁ
オリーブオイル 適当
アンチョビペースト いい感じで
鷹の爪   まだあったんで1本入れちゃいました。
生姜    小さめのこぶ一つ分



~ んじゃ、始めよっか! ~

まず始めにゴーヤとナス、葱、ニンジンは同じ大きさでカット。鮭もかるぅく塩胡椒して同じ大きさに。
海老は殻が付いてたら剥いて…なくてもいっか。塩は少ししといてね。

それではニンニクを縦に半分に切って、更に包丁の腹でバーン
潰しちゃってください。

ゴーヤは1回アク抜きしましょう。熱湯に突っ込んで2分位で上げます。

鍋にオリーブオイル適当とニンニクとクミン少々、鷹の爪、アンチョビペースト大匙1杯を入れて、チュレチュラ言うまで炒めます。
アンチョビは上手く混ぜながらお願いします。

ニンジンとゴーヤ→ナスと葱→海老と鮭の順番で投入していきます。
炒め上がりが均等になるようなタイミングが大切。

ニンジンに火が通ったら、水をヒタヒタ位まで入れます。
んで、味を調えたら豆腐を他と同じ大きさに切って入れます。
更に豆腐が暖まったら生姜を入れて一度火を止めます。

常温になるまでほっときます。

冷めたらもう一度、火を入れます。
ご自分の最適温度になったら出来上がり。


手順は簡単!でも、今回のは料理の知識としては中級(アマチュア)クラスでしたね。
しょっつるじゃないジャン!」と思った貴方。
よーく考えてみてください。
イシル→アンチョビと考えると丸く収まりません?


まぁかなり基本は無視してますが…


~ 注意点(百人力) ~

1)まず、ゴーヤのアク抜き。結構タイミングがビミョーです
2)具材を入れていくタイミング。ゴーヤは湯掻き過ぎちゃったら後回しに。
3)出来たのを一度冷ます。汁物って冷めるときに味が具の中に入っていくんです。また、クミンの香りが他の風味と慣れるのも手伝います。
かといって一晩置いたりすると、海老が臭くなってきたりするんで夏場は注意。


以上です。




今回も頑張ってみて下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://da2ryoku.blog64.fc2.com/tb.php/68-aa4608b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。