「突撃!」「どこへ?」「そのへんで…」

ジリ貧ワインバーオーナー「かめお」の仕事やら日常やら… ワインとお客様が命の僕らにどうか愛(合い)の手を!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎度毎度写真もないクッキングブログを見に来ている アナタ!強調文



適量」とか「適当」とか書かれてるのによく見ますね。

そんな奇特なアナタが私は好きです
アナタだけの為に今後も書き続けてい…くかどうかは不明です。



ハイハイ!

そんなワケで今回は『カルボナーーラ』でございますね。
しかも正式版ではなく、かめおの独特版でございますよ。


しかしウチの店ではこのレシピで毎回製造されているんですね。
そんな『プロの味(C級かもしんない)』をご紹介!


パスタ(グラノーロのバルミチェッリがオススメ)80g…まぁこんな感じかなって位。
国産ニンニク    1個
パンツ…ェッタ   1cm大のサイコロ12個位
バター       スープスプーン一すくい
トロケルチーズ(あればペコリーノ) 一掴み(10削り)
卵黄         1個
牛乳         適当
クリーム       適量
塩           まぁその辺にあるでしょ?精製塩と天日塩があるといぃですね。
白胡椒        ちょっと
黒胡椒        これは絶対に砕いてないヤツでお願いします!



あぁ…またこんな適当表示でごめんなさい…

でもね、フライパンの大きさとか好みとかで分量は違ってくるんですよ。
ビタっとグラムとか時間とか書いてある方が変だと主張しつつ、先に行くかめおさん。



…では参りましょう




まず湯を沸かしましょう。
パスタが泳げる大きさのでっかい鍋に、出来るだけ多く…と言っても8割を超えてしまうと吹き零れちゃうから適当にねの水を入れて強火にて点火!

湯が沸くまでに仕込みをしときましょうね。



ニンニクは縦に半分に割って芯を抜きます。
んで、包丁の腹で バン て叩いておきましょう。

卵から卵黄を取り出すのを忘れずにね。
上級者の方は投入する寸前に分けた方がステキです。


やっておくのはこれだけ。
塊で買ってしまった人はパンツェッタを賽の目に切っておきましょね。


湯が沸いたら塩を入れてちょっと味見→「甘味を感じる」位になってるのが理想です。
そこにパスタを投入しちゃって下さい。
入れたらバラけるまで混ぜる混ぜる混ぜる。

以後もたまに状態見ながら混ぜてね!



んで具を作りまーーーす!


パスタが入りきる大きさのフライパンにバター、ニンニク、パンツェッタを入れて中火にて点火。
均等に火が入るようにチョコチョコかき回してください。



焦がさないこと


ここが今回の正念場。
おいしーーーの作るためには外せない項目ですよ。


ニンニクが透き通ってきたら火を止めて、クリームと牛乳を1:1でソースに適当な量を投入。
パスタが茹るのを待ちます。


パスタが茹る30秒前、再び弱火にかけて混ぜながら端がフツフツ言い出すまで行きます。
また火を止めてチーズを入れて完全に混ぜる。
それから卵黄を入れてまた完全に混ぜる。

これを30秒で行って下さい。

パスタを上げて湯を切って、ソースと混ぜます。
塩(天日塩)と白胡椒で味の調整。


パンツェッタとニンニクが上に乗るように皿に盛り付け。
黒胡椒(5粒)を包丁の腹で叩いて粉々にしたのを上からパラパラかけて、出来上がり。


最初の段階で焦がさないこと、ソースとパスタの出来上がりのタイミング、絡め始めてから出来上がりまでの時間が如何に短いかの3点がこのパスタのポイント。



まぁ、料理をしたことのない方にはまず無理なんで他から始めて下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わお!
待望のカルボナーラレシピありがとうございます(はぁと)

最近の酒癖の悪さをこのカルボナーラでカバーしつつ、胃袋つかんで頑張ります!!


禁酒も…(汗)
2008/07/22(火) 02:02:13 | URL | tokking #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://da2ryoku.blog64.fc2.com/tb.php/169-13a7b2a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。