「突撃!」「どこへ?」「そのへんで…」

ジリ貧ワインバーオーナー「かめお」の仕事やら日常やら… ワインとお客様が命の僕らにどうか愛(合い)の手を!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また写真を撮るのを忘れました。

今日ご紹介するのは、ブルゴーニュのアリゴテ
ブルゴーニュの白の伝統的な品種で、世界的に有名なカクテル『キール』の材料になるものです。

そもそもこのキール、デジョンの市長であったキールさんのパーティで地元の特産品を使って何か出来ないものかと試行錯誤した結果なんだそうです。
酸味のキツイアリゴテに甘いカシスのリキュールを入れて、見事な逸品に仕上げてますよね。

また、ボーヌの名品『コルトン シャルルマーニュ』の起源も、ピノグリとピノ ブラン、それからこのアリゴテの混醸であったとか…

今日テイスティングしたのはシャサーニュ モンラッシェでは不動の地位を誇る『ラモネ』のもの。
僕は初めての試飲です。
なんだか期待と不安が入り交じって…とにかくやってみましょう。

まず、香りはアリゴテらしからぬバニラのもの。
その他は霧がかかったかのように曖昧。
この品種独特のスパイシーさもどこへやら。

不安が募ります。

まさか、力押しで終わるのでは?

飲んでみてもボリュームは感じますが…バランスは申し分ないのですが…アリゴテじゃない。
『中途半端なシャルドネ代替え品』なのかよ?

いやしかし…待て待て。
ボリュームに隠れて分かりにくくはあるが、舌と上顎を刺激するのはあの酸味じゃないのか?
舌の根元、横辺りをノックするのは紛れもなく苦味…シャルドネのものではない。

ここで横道に反れますが、僕はテイスティングする時、必ずどんなワインでも飲み始めを13~15度にします。
しかし、今回はスタッフによる持ち込みで、近くから持って来ていたし、
温度もやや低め(17度位)だったので、そのまま抜栓していたのです。

そこで、クーラーに入れて暫くしてみると…

来た来た。

抜ける様な酸味、青くてスパイシーな香り、纏まらない苦味…アリゴテだ。

しかし、樽のニュアンスやボリュームはそのまま…これがいい
何と説得力を持ちながら優しく、そして凛としたワインなのだろう。
'05ならではの力強さを上手く昇華している。

決して平坦でない、若くして飲まれる事を自ら望んでいるような立体感。
アリゴテを飲んだ事のない方にはちょっと違和感があるかもしれません。
でも、シャルドネやソーヴィニョン ブランの安定感とは違った魅力…『躍動感』でしょうか?

そんな魅力を持ったワインです。

鮭に香草(タイムとかオレガノとかバジルとか)を絡めてフライパンで焼いて一緒に食べたい…

このワインは『おぅ.ばん』では売ってません。
2900円で信濃屋歌舞伎町店で購入したそうです。
もうっここにはありませんが、他にも売ってる店はあると思います。

見付けたら飲んでみて下さいね。
スポンサーサイト
このページにおいで頂き、ホントに有難うございます。

ところで…

気付いた方もいらっしゃるかと思いますが、1/29(月)のカウンターが 異常なことに!

なんだろ…これ。

いろんな方に見て頂くのは非常に嬉しい。
しかし、もし何かの間違いだったり悪戯だったりするのなら残念です。
僕の応援をしてくれているのなら有難う。

それ位でいいですよ。

ごめんなさい。
今までなかった事ですので、ちょっとビックリしてます。


これからずっとこんななら、やっぱり頑張らなきゃなぁ…
皆さん、よろしくです。
みなさん、お元気ですか?
寒いのも一段落。コートも一つ軽い方を選択したのではないでしょうか。
ここのところ好調だった『おぅ.ばん』ですが、今日はどうしたことでしょう?

12時以降はお客様がおらず、時間を持て余してしまいました。

そんな訳で、また一つワインを紹介している時間が出来ました。
まぁそれならいっか!

今日のワインは
20070129073031
'05 Touraine Sauvignon です。
作り手はThierry Puzerat
Clos du Tue-Boeufで有名なピュズラ兄弟の弟、ティエリーさんのネゴスものですね。
(ネゴス=ネゴシアン。自社畑のものではない葡萄でワインを作る)

その力強くて透き通った味わいは『すごい』の一言に尽きます。
これがトゥーレーヌ…いやしかしトゥーレーヌ。
まず真ん中に甘みがあって、その周りを酸味や渋味やハーブとリンゴとシトラスの香りやらが囲んで、
作り出すバランスは決して甘口ではない…豊かなボリュームを作り出してる、そんなワインです。
不思議な…そして魅惑的でなによりトゥーレーヌな白に出会いました。

開けてすぐおいしい。次の日もおいしい。そんなワイン。

他にも地品種を使ったロモランタンやKO、ヴーヴレイなど、毎年名前が変わって…てゆーか作り方やキュべを変えてるし、
クロ デュ テュエ ブフ(は12キュヴェ)とで訳が分からなくなる作り手ではありますが、どれを買ってもおいしいです。
テュエ ブフは硬いこともあるけど…
あまり冷やさなくておいしいし…てゆーかセラーから出した(12度)くらいが適温。
酒販店さんで2000~2300円(ウチの店では5700円、グラスで900円)で売ってると思います。
普段ワインを飲まない方や、「白なんてみんな一緒」と思っている方こそオススメですよ。
飲んでみてくださいね。

[ピュアさにやられました…]の続きをゼヒ読んで下さい
仕事が終わらずに九時位に店を出たら、何故か歩いてみたくて渋谷まで散歩しちゃいました。
途中、明治神宮を抜けたんですが、なんだか幸せな気分になりました。

これはそんな写真です。
20070127171952

ところで、「代々木」って地名がどこから来てるのかも発見。
明治神宮の中の明治天皇御苑跡。
そのすぐそばに樅の木が立っていて、横に立看板。
なんでも、その辺は長寿な樅の木がよく育ったそうで、戦争で焼けてしまったけど戦後に植え直した云々…

とても『代々木』とゆー名前には似つかわしくない代物ではありましたが、風物史の好きな僕には楽しい一時でした。

お陰で今日は少し寝不足…

おぅ.ばん』今日も開店です。

みなさん。おはようございます。

…てゆーか、僕はこれから寝るトコなんすけど。
昨日は休みでしたが、チョット店に行ってました。
…てゆーか、毎週いるんですけどね。
昨日はエアコンを少し改造してたんです。
…てゆーか(…もういいですか?)
風向きが良くなかった。

金曜日のお客様で、三つあるうちの真ん中の丸卓に座っていた方が
「目が乾く」と言っていて、実際に僕も座ってみたらなんか目が乾く…確かに。

なんだろう…

ジッとして考えて、グルグル見渡してみたら→エアコンの風が直当たりだったんです。

弱い風だったんで分からなかった。

そこで、休みを利用してハンズで色々を購入。
改造ついでに反対側の噴出口もグラスのラックに当たらないように修正。
どうやらカンペキのようです。
全てが手作りの僕の店は、こうやって段々完成してきたんです。


しかし…


写真を撮るのを忘れた!
記念すべき瞬間だったのに…自分でも『よく出来た!!』って位の仕上がりなのに…

まぁ仕様がない。
今日にでも撮ろう。

皆さんも、お部屋で不満なトコがあったら相談してみてください。
簡単で効果抜群の改造方、教えちゃいます。

いやぁ眠い。
今日も13時には起きなきゃ。(只今8:00)
では、お店でお会いしましょう…

皆様のお越しをお待ちしちゃってます!
20070118194322
どーもです。

寒いですね。
店で寝てるととっても…いやいや、街は冬模様一色です。
そんな時には『冷やさないで飲みたい白』なんて如何でしょうか?
もちろん、僕が紹介するからには高いワインはなしですよ。
そんなこんなで出たのが'04 Macon Verze V.Leflaive。
このヴァンサンルフレーブという作り手、ワイン好きな方には知名度は高いです。
しかし、そんな方でも確実に飲んだ事のないアイテムなんですね。

それは…

この年が初リリースだからなんですね。
なんの事はない。それだけです。

まぁこの作り手に付いてはグダグダ言っても仕様がない、飲んでみました。
まず、第一印象は「カタイ」でしょうか。ほんのり舌先にピリッと来ます。
ナッツ系の香りもバター系の香りもありますが、最初に感じるのは先程のピリッとほんのりの酸。
それから纏まらない印象です。
しかしポテンシャルは感じる。確かに感じる。

そして待つ事20分。見る見る変わって行きます。
立っていた酸と弱発泡はどこへやら。
果実味と香りと奥行き…やはりルフレーブでした。
複雑さはピュリニーの畑名クラスほどではないし、やっぱりマコンですが、十分満足!
酒販店なら3000円代後半でしょうか…安いなぁ。

即買いじゃないすか?
みなさんお早うございます。

僕は今、仕事から帰ってきたばかり。
久し振りのPCからの更新です。
明日(今日?)は休み。
ちょっと時間が空いたので、近況をツラヅラと参ります。

まずは、来てくれているお客様に感謝を…
有難うございます。
皆様のお蔭で、僕の我侭で始まった店もやっと2ヶ月になろうとしています。
ウチの店は本当に何度も来て頂くお客様が多い。
しかも、歌舞伎町の真ん中で9階にあるにも関わらず、女性のお客様が多い。
更に、お客様からスタッフに変更している人も何人か…


我ながら不思議な店です


何故か客数0もなく、ここまで来れている。
こんな僕の店に、暖かいお客様、スタッフは集まっている…見合う感謝の言葉が見付かりません。

まだまだ収支は赤字ですが、11月より12月、そして1月と、どんどん来客数、売り上げ共に伸びているのも事実。
皆さんの応援で頑張れています。
これからもどうか、よろしくお願いします。


追伸…1月26日発行の『ホットペッパー新宿版』に掲載されます。
まだ来店されていない方は、是非チケットを持って来て下さい。
来店経験者の方も、期間限定の特典を用意してますので使ってみて下さい。
3ヶ月間掲載の予定です。

小さな店ですが、沢山のお客様に寄って頂けることを楽しみにしています。
現実世界でお会いしましょう。

ではまた…
20070114034324
皆さん知ってる方知らない方いらっしゃるかと存じますが、僕は歌舞伎町でワインバーをやってます。
そんな訳でオタク振りもさる事ながら、ワインの事もたまには載せちゃおうかな的なノリでウチのアイテムを紹介して行こう企画を始めます。

そんなこんなで第一回は『マルセルラピエール』。

ヌーボーで有名なボージョレーのワインです。
キャップシールが樹脂なのが特徴。
以前は臘だったのですが、僕的にはポロポロしてやりにくかったのでこれになって助かってます。

ところでこのワイン、ボージョレーなのに店頭価格で約5000円もするんですね。ビックリでしょ?
理由を知ってる方はさて置いて、知らない方の為にちょっと『マルセルおじさん』の話をしましょう。

とは言っても、僕も直接お会いした事はないので、本で読んだり聞いたりワインを飲んだりの情報だけですが…

『ビオロジー』という言葉を御存知でしょうか?
平たく日本語訳すると『有機農法』ですな。
最近では、日本でも野菜やお米等でお見受けするあれです。
農薬や除草剤、科学肥料を使わない為に非常に手が掛かります。
農作業が好きな人しか出来ない…僕はそう思います。
このマルセルさんは畑仕事が大好き。
ワイン作りも大好き。
一年中葡萄とワインの間を行ったり来たり。
そんでまた、勉強も好き。
とどめに笑顔がメチャ素敵。
こんなオヤジになりたいNo.1ですね?
それがマルセルおじさんです。
そして、そんな人の作るワインは、そんな味がするのです。
ガメイから作るこのワインは優しくて、果実味と仄かな酸と柔らかな渋味がホンワカとして…一日の疲れも忘れさせてくれる。
自然と笑顔にしてくれるワインです。

僕がこれに初めて会ったのは15年前。
忘れもしない、78年のモルゴンでした。
まだ20才だった僕は、その美味しさにやられました。
今の僕を作ってくれた四本の内の一本です。
その中でもこいつは『高いばかりが美味しさの基準じゃない』と教えてくれたんです。
それは、今の店の基礎になりました。
だから第一回はこれ。

マルセルさん。以前は他の畑や村名物もやってたんですが、今はこれ(モルゴンと書かれているものは息子さんが、自分ではMarcel Lapierreの表示のものしか)作ってないそうです。
ちょっと高くなっちゃったけど、一万円を超える、またはマルセルさんが仕事をしてる内は『おぅ.ばん』で置いておきます。
興味のある方は一度、ウチの店でも、そうでなくても飲んでみて下さいね。
20070103165845
昨年中は大変お世話になりました…多分。
今年もチラチラ見に来て下さいね。

それでは参りましょうか…

写真ですが、歌舞伎町のウチのビルの屋上から撮ったものです。
ゴミゴミした風景から登る神々しいものは対比効果で有り難さMAX!

思わずその足で花園神社にお参りに行ってしまった事は知る人ぞ知る事実。

そうそう、花園神社。

僕らが行ったのは一月一日の午前八時位。
まぁチョコっと参拝の列があるワケですが…

新宿ならではです。

ホスト、コンパニオン、外人さん、僕らのような飲み屋系(様々ですが…)近所の人。
なんだか彩り鮮やかで並んでて楽しかったですわ。寒かったけど。

皆さんも来年辺り、来てみて下さい。
ちょっとスパイスの効いた新年になる事間違いなし。

あぁ…その写真撮っとけば良かった!

ワインバー『おぅ.ばん』本日19:00より開店です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。